それぞれ色々な事情を抱えているのかも知れません

      2015/12/12

今日は午前中に、また区役所に行って来ました。

区役所までは自転車で15分位、結構な良い運動です。

父と夫の事があったので、超安全運転ですが…。

スポンサーリンク

区役所と病院(お見舞い)通いが頻繁です。

区役所は混んでいました。

マイナンバーが発行されて間もないからかも知れないです。

私が用事があるのは保険年金課、夫の首を支える補装具の料金の返還申請に来たのです。

申請をすれば、代金の7割は戻って来ます。

父の事もあって保険年金課は慣れたものです。

待ち時間はともかく、申請手続きは直ぐに済みました。

来年の2月末日に、返還金が振り込まれるとの事でした。

無事手続きが済んだ事に安心して区役所を後にしようと思った時、手続きを待っている方々の中に私のバイト先に良くいらっしゃるお客様が居る事に気が付きました。

区役所に行くと、色々な方の事情が聞こうとしなくても耳に入って来ます。

あちらは私に気が付いていない様だったので、黙ってそっと通り過ぎました。

皆それぞれ、色々な事情を抱えているのかも知れません。

皆が生きやすい世の中になれば良いと、綺麗事ながらそう思ってしまいました。

我が家も身内の不幸に夫の大怪我、その上家計は火の車と、かなりギリギリで毎日をしのいでいるという特殊な状況ですし。

その後に夫のお見舞いに行ってきました。

初めて夫のリハビリとシャワー浴に付き添って来ました。

リハビリと言っても、病院周辺をぐるっと一周歩く程度です。でも結構な距離があり、普段あまり運動をしない私の方が息が上がってしまいました。

冬晴れの空の下、話好きのリハビリ療法士さんと夫と共にの散歩、気持ち良かったです。

続いてシャワー浴では、夫の装具の着脱を看護士さんに習いました。割と簡単で、直ぐに覚えられそうで安心しました。

夫は1人で入浴出来、さっぱりしたと笑顔になっていました。

着替えも私が少し介助すれば出来るまでに回復していました。

首さえ固定していれば、さほど日常生活には支障がなさそうです。

とは言え、前後左右が見れないのは、階段の上り下り等では危険です。

帰宅したら、なるべく居間のある1階に居てもらわなければなりません。

装具がある為、洋服も前開きの物が良いと言われたのでそれも買い揃えなければなりません。

まだまだ色々と区役所と病院通いは続きそうで、完全に気が休まることがないですが、少しずつ私なりに頑張って行こうと夫の笑顔を見る度に思います。

スポンサーリンク

 - うつ病のこと