父が遺してくれた最後の宝

   

紹介して頂いた司法書士事務所に、夫と共に行って来ました。

やはり小さな地域密着型の事務所と言う感じでした。
それでも対応して下さった方は感じ良く、丁寧に説明を受ける事が出来ました。

スポンサーリンク

父が遺してくれた最後の宝。

父の家。
その登記を調べてもらったところ、祖父の名義と父の名義とダブルネームで所有している事が分かりました。

そうなると、相続人は私だけではなく祖父の子供全員にも権利が発生し、行方不明となっている私の母親にも何らかの措置を取らねばならないと言う事でした。

その為には、相当な手間とお金もかかると言われ…

父だけの相続人なら私だけなので、登記を変更せずに住むだけならば大丈夫だとも言われました。

家を売買するのなら、登記を変更しなければならない様です。

なので、夫とも相談し、登記は変更せずに父の家に住む事にしました。

私と夫がずっと父の家に住めば問題の無い事です。

今年いっぱいをめどに父の家を片付けて、年明け中旬位に引っ越しが出来れば良いと思っています。

今までたくさんのことをしてくれて父・・・

その父が遺してくれた最後の宝です、思い出と一緒に大切に住もうと思います。

スポンサーリンク

 - 父のこと ,