あまり余裕がない家計ではありますけど・・・

   

シルバーウィーク中、夫は1日、自転車仲間とツーリングに出掛けました。

自転車は、趣味としてはそれなりにお金がかかるのですが、夢中になれる事を取り上げてしまうと人生にはりがなくなってしまうと・・・

スポンサーリンク

あまり余裕がない家計ではありますけど・・・

夫には、趣味を続けさせています。

自転車にかかるお金と言っても、ツーリングの際の参加費や、昼食代位なのですけど・・・。

そのシルバーウィークのツーリングから、夫が意気消沈して帰って来ました。

私が訳を聞くと、自転車が壊れてしまった、と言うのです。

再び乗れる様に直すには、3万円位かかる・・・
3万円もの余裕は、家の家計にはありません。

なので私は、ヤフオクで稼いでなら良いよ、と言いました。

夫は不要な自転車のパーツを持っていたからです。

夫はその時は納得して返事をしました・・・

 icon-check-square-o ですが、未だヤフオクに出品する気配がありません。

挙げ句の果て、修理用のパーツ代は立て替えておいて、と言って来ました。

理由は、パーツがいつ入荷するか分からないからとの事。

何でそんな事が気軽に言えるのでしょう。
父の保険金の残りで、立て替える事は確かに出来ます。

でも、自分の趣味の事です。
もっと必死になって危機感を持って欲しいのです。

夫がこの先、ちゃんとヤフオクで稼いで、立て替えるお金を返してくれる事を、あまり余裕ない家計の中、厳しい目で待つ事にします。

スポンサーリンク

 - 借金とか、ひとりごと ,