家計が火だるまなので古着で十分

      2016/01/22

古着を買いに行って来ました。

最近は洋服は専ら古着に頼っています。

経済的に余裕があった頃は、好きなブランドの新品の洋服をバンバン買っていました。

スポンサーリンク

家計が火だるまでそれこそ新品は無理。

古着だと1/10位の値段だからです。

私がよく行く古着屋さんは、時々全品半額になるセールもあります。今回もそれを狙って行きました。

私が欲しかったのは、バイト用のカーディガン、私のサイズでも、探せば結構入る物もあります。

店内をくまなく見て試着を繰り返し、カーディガンを2着選びました。

一緒に行った夫もパンツとリュックを一つずつ、それにアクセサリーを2点買って2千円もかかりませんでした。

古着屋さんは独特の匂いや、確かに状態の悪い物もありますが、抵抗がなければおすすめです。

組み合わせによっては可愛くコーディネートも出来ますし、何より家計的に大助かりです。

最近は古着屋さんも沢山ありますし、飽きてしまったらまた売る事も出来ます。

洋服と言うのは贅沢品の様な気が私はしてしまうのですが、衣食住として不可欠なものなので、その辺り、古着をお洒落に着こなせるように節約して行かなければ、と思っています。

スポンサーリンク

 - 借金とか、ひとりごと ,