赤字だらけの家計簿

      2016/02/23

私が1日のうちで一番憂鬱になる時、それは家計簿をつける時です。

1日の終わりのその作業、「ああ今日もこんなにお金を遣ってしまった」と罪悪感に苛まれます。

スポンサーリンク

赤字だらけの家計簿。

生きて行く上で、お金を遣う事は必然的な事と分かっていても、赤字だらけの家計簿では罪悪感どころか恐怖すら感じます。

そんな日々の中、バイトが休みのある日、私は体調があまり優れなかったので1日中夫と共に一歩も外に出ないでいました。
当然、何も買い物する事無くその日の出費は0円でした。

夜、家計簿の出費欄に0と書き入れた時、何だかホッとしてしまいました。
買い物恐怖症でしょうか…。

でも1日中家から出ないでいる、と言うのは私の精神衛生上では良くなかった様で、何だか気が滅入りました。
やっぱり散歩程度の外出はした方が良いのかも知れません。
一番良いのは、外出してもお金を遣わない事です。

以前ダイエットの為に夜間にウォーキングに行っていた頃は、お財布を持たないで外出していました。
途中でジュース等を買っては、ダイエットにも意味がありません。
その対策も良いのですが、まがりなりにも主婦となった今、日々の食費位は持っていないと暮らして行けません。

要は、無駄な買い物をしない事が一番の節約なのですけど…分かっていても、誘惑に勝てない時があります。
色々と言い訳をする前に、今日も節約に励もうと思います。

スポンサーリンク

 - 借金とか、ひとりごと ,