自分に合った婦人科選び

      2016/03/05

私はうつ病の治療と平行して、婦人科の治療もしています。
ブログにも書いているPMSと、先天的な子宮奇形の為です。
うつ病になる以前から、元々婦人科系統が弱く、身体共に少しの疲れ等で不正出血を起こしたりしていました。

スポンサーリンク

自分に合った婦人科選び。

うつ病治療の精神科選びも大変ですが、自分に合った婦人科選びも中々大変です。

大体が産科であり、妊婦さんの方が治療を優先されてしまう事もありました。
最近は婦人科を専門としている所も増えて来ましたが…。

婦人科系統が弱い私は、医師から年に1回の子宮けい癌の検査を半ば義務付けられています。
子宮けい癌は、20~30代に発症する患者さんが多い、子宮の入り口に出来る癌です。

スケジュール帳を振り返ってみると、去年に検査を受けたのは2月でした。
という事は、今月中に検査に行かなければならない…
家計が苦しい中、少しの検査代の出費も痛いです。

行かない選択肢もありますが、癌や病気になってしまっては後悔もしきれないですし、怖さもあります…
覚悟を決めて、今度のバイトの休みに検査に行って来ようと思います。

スポンサーリンク

 - うつ病のこと