消えない元親友への罪悪感

   

以前、夫の職場に私のうつ病の原因となった元親友の名字と住所が書いてあった自転車があった、とブログに書きましたが…

その後夫に本当にその元親友の住所かどうか、確かめて来てと言っていたのですが、中々自転車が置いてある日がなく、私の不安は増すばかりでした。

関連記事:うつ病になった原因の親友と再会するかもしれない不安

スポンサーリンク

何故だか、元親友に対しての罪悪感は消えないでいました。

10年もの空白期間があるのですから、相手の気持ちも変わっているかも知れませんし、病気になったのはお互い様。

実際に会うとしたら、夫の方ですし、別に会ったどころで堂々としてれば良いとは思ってはいるのですが…

彼女を突き放し、自分だけ結婚を経て幸せになった。

と言う思いからでしょうか…。

私だって、辛い事は色々あったのですから、罪悪感を抱かなくても、とも思いますが、彼女の気持ちが分からない現状では、複雑な気持ちのままです。

かと言って、彼女の現状や私への気持ちを知りたいとも怖くて思いません。

 icon-check-square-o じりじりした気持ちのまま、日々を過ごしていると、夫から自転車の住所が違っていた、と言われました。

ああ、良かった、と心から安心しました。
これで彼女に会うリスクは減ったのです。

でもこの先実家に住む事になったら、彼女の家には近くなります。
まあその時はその時、と思って過ごす事にします。

スポンサーリンク

 - うつ病のこと