うつ症状の倦怠感からあまり気力も上がりません

      2016/02/27

今日はバイトがお休み、起きたら11時を過ぎていました。
10時間以上も寝てしまいました。

寝過ぎなのか身体が痛いです。

スポンサーリンク

うつ症状の倦怠感からあまり気力も上がりません。

のろのろと昼食兼朝食を食べ、腹ばいでコタツに入りながら、ブログを書いている次第です。

ここのところ、風邪をひきながらバイトをしたり、休みの度に父の家を片付けに行ったりで、疲れていたのかも知れません。
寒暖差や天気の移り変わりも激しかったですし…。

とにかく、昼夜関わらず眠気が襲って来るのです。

私にとって眠気はうつ症状のバロメーターです。

眠いと、うつ症状が酷くなるサインです。
心身共に休息を求めているのかも知れません。
ここで無理をしてしまうと、後々の体調に響きます。

無理をしなければならない時もありますが、幸い今日は予定も無くの休みの日。
父の家の片付けの事も気になりますが、焦らずに家でゆっくり過ごして風邪も早く完治させたいです。

そのままコタツからLINE

2回目に精神科に入院していた時に知り合った友人にラインで連絡をしました。
自身の近況や、愚痴等色々です。

遠方に住んでいるので、会う事はあまり出来ないのですが、ラインで語り合うのは、電話嫌い(原因は私がうつ病になった元親友の言動です)な私には気楽で良いです。

その友人からラインで、旦那様が家計が厳しくても呑気でイライラする、と言う様な内容が送られて来ました。
彼女もうつ病を患っているのですけど、でも家計の為に復職を考えている様です。

旦那様は彼女の給料が入る様になったら、あれが欲しい、これが欲しい等と言っていると…
彼女は「古い考えなのかも知れませんが、男だったら、自身の稼ぎだけで家族を養って行く位の自覚が欲しいと」…

大いに同感しました。
私の夫も、一家を支える自覚が足りないのです。

以前よりは家計に対する危機感は自覚している様ですが、今遣えているお金は父の保険金の残りと私の僅かながらのバイトです。
感謝の気持ちはある様ですが、早く復職し、お金を稼ぐ事に対して責任感と積極性を持って欲しいと思ってしまいます。

スポンサーリンク

 - うつ病のこと ,