うつ病の親友の妄想と私の対処方法

   

ある深夜、親友からラインがありました。
旦那さんがまだ帰って来ない、具合が悪くて頭がおかしいと…

私が「今、電話なら出来る」とラインを返すと、彼女から直ぐに電話がかかって来ました。

彼女は旦那さんは夜遅くまで浮気をしていて、自分を独り残して苦しめて、その浮気相手と再婚する気なんだと言って来ました。

スポンサーリンク

うつ病の親友の妄想と私の対処方法。

それら浮気のことは全て、親友の彼女がうつ病気ゆえに起きている妄想です。
本人も妄想だと分かっています。

でも妄想に捕らわれて抜け出せないのです。
話しながら感情が高まって泣き出してしまうこともしばしばあります。

 icon-check-square-o そんな時の私の対処方法は・・・

否定せずに彼女が話したいだけの事を聞いて「辛いよね」と傾聴しながら気持ちを同調させるのが一番の解決策だと私は心得ています。

勿論、彼女の旦那様は浮気ではなく、仕事で遅くなっているのです。
でも孤独と、夜の静けさが彼女を妄想へとかき立てるのだと思います。
暫く話していると、落ち着きを取り戻した様子だったので安心したのですが…。

深夜まで家で独りきり、喋る相手も居ない、でも働く事無く生活が出来る。

かたや私は、病気でも働かなくてはならず、でも家に帰れば団欒の時がある…一体どちらが幸せなのでしょう。
うつ病で妄想に囚われる親友の話しを傾聴する私。
複雑な気分になります。
考えさせられる夜でした。

スポンサーリンク

 - うつ病のこと ,